どこに出かけるにしても疲れた。

sns断ちを宣言してみたものの5回twitterをみてしまった。どうしてこんなにも精神が弱いのか強くなりたい。ネット依存な僕は今までかなりの時間をインターネットで無駄にしてきている。人よりも何倍も時間を無為にしてきた。だからそんな暇はないはずなのに。他の人たちが濃い時間を生きている中、僕はなんのそうなんの変哲も無く、そしてただただ不安な時間を生きていた。

 

それは大学に入ってからもあまり変わらなかったし、おそらく今も変わらっていない。最近どうにかして変えようと踠いているけどそれもままならない。だが、今年から僕は一歩ずつ、一歩ずつ踏み出しているのは確かだ。いや脱引きこもりした時からほんとは0.01歩ずつ歩いて行っていたのかもしれない。しかし、僕はその歩みをもっと大きく、そしてもっと遠くへ伸ばしたい。

 

僕の好きな小説のグレートギャッツビーに

「明日はもっと早く走りもっと遠くへ腕を伸ばそう。そしていつかは」。

といったことが書いてある。それはとても愚かしくそして美しい。僕は破滅するギャッツビーに自分を重ねるのが好きだ。いつかは僕も崩壊して破滅すると思う。そしてそれは逃れそうにはできない。自分のことは十分に分かってる。

 

さて何を言いたかったのか。最近疲れていて頭が回っていない。スマドラをバルクで飲み干し怪しいサプリをがぶ飲みしているのにね。精神的に疲れているのは確かだ。大学を休学したい。疲れたんだ。つらつらとそう言った辛さを書いても現状は変わらない院試の勉強をしよう。もういろんなしがらみは捨てよう。案外自由かもしれない僕は自分が思っているより。一年無駄にするのがなんだ。4年無駄にしているんだそれが1年増えるだけだ。1年も無駄にしたことがない人からすると大きかもしれないが僕の場合は今更だ。そう僕は自由なんだ他の人よりある意味では。

 

それでも社会的にはかなり不自由だ。僕の過去を隠さなければ、色眼鏡でみられてないことは免れない。普通の人にとって僕みたいな過去を持っているには犯罪者に近いのかな。いや知的障害の可哀想な人間に近いのかもしれない。哀れみを持って接してくれるならまだいいが説教とかされるとほんとに疲れる。

 

ああ何を言いたかったのか。まあいい明日もまた院試の勉強を頑張ろう。そしたらこの現状も変わるかもしれない。青い鳥は近くにいることは分かっている。けれども、僕は遠くにいる青い鳥を探したいんだ。幸せの青い鳥も簡単に手に入ったもの苦労して手に入れたものではかなり違うとは思わない?そうだろう。